結婚式の招待状の返信マナーについて

結婚式の招待状の返信はがきの書き方にはマナーがありますので、ご紹介します。まず、必ず返信するということです。口頭で出席すると伝えている場合でも、返信はがきで出欠をお返事するのがマナーです。そして、返信はなるべく早くすることがマナーです。招待状が届いてから1週間以内には、返信したいものです。もし、結婚式にどうしても出席できない場合は、一言電話で理由とその旨を伝えておくのが、いいでしょう。その上であらためて、返信はがきを出すといいでしょう。

結婚式の招待状をいただいても、出席を迷うことの一つとして、喪中であるという場合のことです。不幸が起きる前に参加することが決まっていた場合であれば、喪中でも出席する場合があります。また、一般的な喪中期間は3か月といわれています。3か月を越えれば参加しても問題はないといわれています。結婚式の招待状を返信する際は、一言メッセージを添えるといいです。例えば、「ご結婚おめでとうございます。喜んで出席させていただきます。」のように、自分の思いを書いておくと、喜びの思いが伝わるはずです。出席する場合の書き方は、まず出席の文字を丸で囲みます。「御」は受け取った人に対する敬語なので、二本線で消しておきます。次に、「御欠席」を二本線で消しておきます。余白にお祝いのメッセージを一言添えると、気持ちが伝わります。欠席する場合の書き方は、まず「欠席」の文字を丸で囲みます。

「御」は二本線で消しておきます。次に「御出席」を二本線で消しておきます。余白には、欠席理由を書き添えます。出席したいけれどやむを得ないという思いを、書き添えておきます。くれぐれも失礼がないように気を付けて返信したいものです。わたしは、結婚式の招待状を手作りして、オリジナル感を出しました。低予算で作りたかったので、オリジナルのテンプレートをダウンロードして、自分で印刷しました。時間に余裕をもって作り始めたので、余裕で間に合いました。招待状作りをお任せするよりも、5万円はお安く仕上げることができました。節約できた予算で、ウェディングの前撮り写真を豪華なものにしました。大変満足しています。二人の記念に残る、オリジナル感があふれた素敵なものが作れたので、本当に良かったと思っています。ナチュラルな白ベースで、華やかでもあり上品さもあるタイプの招待状が出来上がりました。お友達からも好評で、かわいいねと言ってもらえました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*