結婚式の招待状を作成しよう

結婚式の招待状は、二人が結婚することを最初に伝える大事なものです。招待客の最初に目に触れるものですから、ここは二人のセンスの見せどころ。いろいろなスタイルの中から、希望のものにあう招待状を作成するにはちょっとしたこつがあります。まず、招待状を送るまでのプロセスですが、結婚式の2ケ月前までには招待客に送付したいものです。それにはさかのぼって3~4ケ月前には招待客のリストを作ります。このリストをもとにして出席者の中から席次を決めていきますから、大切な作業になります。そして、招待状の本体をオーダーで作るのか、手作りで作るのか決めます。オーダー方が少しお高めですが、あらかじめ式場いに用意されているものなどを使うとホテルの印などが入ったりするので、格式の高いものになります。

また、手作りは自由にデザインを作れるので、オリジナリティの高い招待状を作ることが出来ます。ただし、手作りは当然時間のかかるもの。時間の余裕を考えてしないと、間に合わなくて大変なことになります。また、印刷の失敗なども考えて紙などの材料も多めに用意しておくとよいでしょう。時間とお金を照らし合わせて、どちらがいいか決めていきます。

デザインは正統派か、アットホームなイメージかなど好きなイメージを二人で話し合って決めていきます。結婚式をあげる季節や二人の好きなものをモチーフに選んだりするのもいいでしょう。この時、招待状とお揃いの席札やメニューを用意すると更におしゃれです。オーダーの場合は最終的に下刷りを確認して、オーケーならば完成品をいったん受け取ります。ここでリストアップした招待客への宛名書きが始まります。宛名書きは手書きでも構いませんが、出来ればプロに頼むか、パソコンで印刷した方が無難です。この時、プロに頼む場合もパソコンで自分で印刷する場合も、招待客の名前の間違いがないかどうか、リストの段階でしっかりとチェックしておきます。後でやり直しとなると、手間も2倍になってしまいますから、ここはしっかりとチェックしていきましょう。招待状には二人の名前、結婚式の日時のほかに会場へのアクセス方法も書いてあると親切です。また、2次会も決まっているようならあらかじめ書いておくと後で伝えなくていいので便利です。出席の有無は返信用のはがきを同封しておきましょう。この時、いついつまでにお返事下さいと書いておく方がよいでしょう。すくなくとも1ケ月前までには返信をもらえると、席次を決めるのに余裕があります。